脱毛の種類

サロンや医療機関で採用されている脱毛方法には大きく分けると3タイプあります。
  • レーザー脱毛
  • フラッシュ脱毛
  • ニードル脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、厚生労働省から許可を得た医療レーザー機を使って行う脱毛方法です。一般的に、病院や形成外科など医師本人か医師立会いのもとでしか認められていません。
脱毛したい部分の毛根に直接反応させて、細胞を破壊するので、一度脱毛した部分からは永久に毛が生えてくることはありません。

ただ、パワーが強いため若干の痛みと肌へのダメージが考えられます。また、脱毛サロンでは使用が認められていないため、フラッシュ脱毛など出力の弱い
方法で脱毛が行われています。

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛と比べ出力が弱く肌への負担が少ないので、痛みに弱い方や敏感肌の人でも安心して利用することが出来ます。一般的に、脱毛サロンなどで多く採用されていて、最も身近な脱毛方法ではないでしょうか。
ただし、脱毛のパワーが弱いため、レーザー脱毛を比べて長期的に回数を重ねて脱毛する必要があります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、少し前まで主流だった脱毛方法で、弱い電気を流した細い針を毛穴1つ1つに差していき、毛根を破壊するというものです。レーザー脱毛と同じく、一度破壊した部分からは二度と毛が生えてこないので、きちんと脱毛できますが、時間がかかり、強い痛みが伴うため、今ではあまり使われていません。
今でも、色素沈着している部分などレーザー脱毛ができない部分などには利用されているようです。
この様に、脱毛方法には色々な種類があります。どんな脱毛をしたいのかによって、自分にあった脱毛方法を選ぶようにしましょう。

脱毛サロンの基礎知識